So-net無料ブログ作成

酒井抱一の「綺麗さび」の世界(二) [酒井抱一]

その二 「風神雷神図扇(二)」(抱一筆)

抱一・扇一.jpg

抱一筆「風神雷神図扇」の「風神図扇」(三四・〇×五一・〇cm 太田美術館蔵)

抱一・扇二.jpg

抱一筆「風神雷神図扇」の「雷神図扇」(三四・〇×五一・〇cm 太田美術館蔵)

https://yahan.blog.so-net.ne.jp/2018-04-22

(再掲)
【 光琳画をもとにして扇に風神と雷神を描き分けた。『光琳百図後編』に掲載された縮図そのものに、二曲屏風の作例より小画面でかえって似ているところがある。また雲の表現や天衣の翻りなど鈴木其一による『風神雷神図襖』にも近い。すでに大作を仕上げていた身に付いた感じがあり、淡い色調が好ましくもある。 】
(『別冊太陽 酒井抱一 江戸の粋人(仲町啓子監修)所収「作品解説(松尾知子稿)」)

【 冒頭の「風神雷神図扇」は、『光琳百図後編』に掲載されている縮図を踏襲しており、それが刊行された文政九年(一八二六、六十六歳)前後の、晩年の作であろうか。こういう小画面のものになると、抱一の瀟洒な画技が実に見応えあるものとなって来る。 】

【 北斎にしても抱一にしても、屏風絵や大画面の肉筆画に目が奪われがちであるが、こうした、絵扇や扇面画の小画面のものや細密画の世界に、大画面ものに匹敵する凄さというものを実感する。 】

 「綺麗(きれい)さび」と同意義のような言葉に、「姫(ひめ)さび」という言葉があり、こちらは、『日本国語大辞典』(小学館)に、「はなやかで上品な中にさびの趣のあることをいう。茶器を鑑賞する時などにいう」と解説されている。
 この「姫(ひめ)さび」について、『茶道辞典(桑田忠親編)』(東京堂)は、「茶器を観賞する上での用語。華やかで上品の中にどこかさびの趣のあること。例えば、仁清の作品などをいう。茶匠の好みでいうと、宗和好み、遠州好みなどがこれに相当する。一名、綺麗さびとも称す」とあり、「綺麗さび」の別称のように解説されている。
 これらからすると、「綺麗さび」(小堀遠州好み)というのは、焼物の茶碗などの「茶器」の鑑賞上の用語から派生したものなのかも知れない。
そして、日本画の画面形式からすると、「扇面画」というのは、焼物の「茶碗」のように、手に取って実用的に使う、特殊な「小さな世界」のもので、「茶器」の鑑賞用語の「綺麗さび」などが好都合のような世界なのかも知れない。

 この「扇面画」について、「扇面構図論---宗達画構図研究への序論---(水尾比呂志稿)」(『琳派(水尾比呂志著)』所収)があり、そこで、「写経用扇面画(A類型)・漢画系扇面画(B類型)・宗達派扇面画(C類型)」の三類型に分け、「扇面画」の特性を「放射性・湾曲性・進行性」と指摘している。
 この「扇面画」の特性は、扇面が本来円の一部分であり、「上弦・下弦(その比率が上記の三類型で異なっている)」と、その中心(円の中心)は、「扇面」外の「扇の要」になるという、この特性からの「放射性・湾曲性」ということになる。そして、その「進行性」というのは、「扇」を「開く・閉じる」から、「絵巻」の「進行性」の特性も挙げられるというようなことである。
 これらのことは、言葉ですると難しいのだが、上記の二図を見て、「扇面画」の「逆三角形」の構図と、円の中心点が「扇の要」ということ、扇子を「開く・閉じる」との、これらのことから、「扇面画」の「放射性・湾曲性・進行性」の三特性は明瞭となって来よう。

 この「扇面画」の三特性を「扇面性」と名付け、「宗達屏風画構図論(水尾比呂志稿)」(『琳派(水尾比呂志著)』所収)で、「静嘉堂蔵源氏物語屏風」(六曲一双)、「醍醐寺蔵舞楽図屏風」(二曲一双)、「建仁寺蔵風神雷神図屏風」(二曲一双)を詳細に検討しながら、「宗達の屏風画を構成する基本的な原理が扇面性であることを確かめ得た」と、その「まとめ」を結んでいる。
 この論稿は、昭和三十七年(一九六二)一月「国華」(八一四号)が初出であるが、下記のアドレスで、「俵屋宗達『風神雷神図屏風』」(西洋美術研究者が語る「日本美術は面白い!」)
と題し、その論稿の直接的な紹介ではないが、宗達の「風神雷神図屏風」について、図解をしながら、「扇面形式の構図」と「余白の美」について、分かり易い解説をしている。

https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2019-01-28-4  

 これらからすると、「綺麗さび」という遠州好みの美的鑑賞視点は、「茶器」とか「扇面画」とかという小物の「小さい世界」にのみ適用されるものではなく、例えば、この宗達の「風神雷神図屏風」(二曲一双)の大画面と同じように、下記アドレスの、遠州が作庭したといわれている庭園などにも均しく適用されるものと解したい。

https://garden-guide.jp/tag.php?s=100_1579

https://kyotomag.com/features/garden-authors/koborienshu/

https://ameblo.jp/taishi6764/entry-12370588022.html

https://oniwa.garden/tag/小堀遠州/

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。